テーマ:

失敗学のすすめ

同じ失敗を何度も繰り返してしまう。 その失敗の反省点をどのように仕組み化すればいいのか? この本にはそれが書かれていました。 ・必要な失敗:未知の体験、無知による失敗 ・失敗情報は時間とともに減衰する ・失敗情報は隠れたがる ・失敗情報は多数の要因が絡むことが多いのに、原因が一つに絞りこまれ易い ・責任の擦り付けにより…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

戦略を考える上で情報は必要不可欠です。 もし情報が足りない場合、仮説を立てて情報を補う必要があります。 その手法が書かれた本です。 ■フェルミ推定 仮説の展開(例:日本国内の電柱の数は?) ↓ モデル分解(例:市街地と郊外の面積あたりの電柱の数を推測) ↓ 計算(例:日本の面積から電柱の数を計算) ↓ 仮説の実証…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある

ボリュームゾーン戦略。今話題の戦略ですね。 この戦略を模した商品を紹介している本です。 世界規模で考えると殆どの人が貧困層にあたります。 ということは、そこには計り知れない規模の大きさの市場があります。 しかし、貧困層の人たちにはお金がない。 枯れた技術でも、その人達が変える価格で、その人達のニーズを満たせば 商売は成立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぼくには数字が風景に見える

著者がサヴァンでアスペルガーでゲイ。 天才と常人の壁を感じさせる本です。 内容ですが、サヴァンな人の考え方に触れることができましたが 理解はできませんでした。 サヴァンな人は文字も数字も全て頭の中で感覚とイメージになる。 そしてロジカルを好む。 ロジカルとイメージ、今までこれらは正反対なモノだと思っていたけど、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ファストアイデア25 「 発想スイッチ 」 で脳を切りかえる

アイデアを創出するための習慣を身につけるための本です。 この本に書かれている事を実践するには結構時間が必要かも。 ・情報量 = アイデアの種の量 ・どうして?と考えるクセをつける ・右脳と左脳を使い分ける方法をあみだす 私は右脳と左脳を使い分けるために両利きになろうとしています。 まだ文字は書けませんが箸を持てるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬で相手の性格を見抜く技術

仕草だけでなく、人相や声、外見からも 相手の性格を見抜く技術が書かれている本です。 ・パーティーで一箇所にじっとしていない人は忍耐力が無い人 ・腕を組んで顎を引いている姿勢は反論の姿勢 ・会議中に空気を読まない言動をする人は仕切りたがり屋 ・清掃作業員や下請け業者と親しげに話す人は面倒見が良く嫉妬深い ・すぐ大騒ぎする人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55

問題解決の手法に焦点を絞っています。 理系のためのアイデア創出本です。 発想に関する本を読んだ事の無い人のためのスターターって感じでした。 ・何か要素を足してみる ・何か要素を引いてみる ・5W2Hで要素の差別化 ・リラックスできる場所で考えること ・ファンクショナルアプローチ:機能・効用・意図・用途に分割して考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

経営者のための本って感じでした。 この本に書かれている内容を実務に落とし込むのは難しそう。 PEST分析:マクロ外部環境を政治・経済・社会・技術に分けて分析 MECE:漏れなくダブりなく分析 ■コトラーの競争地位分析 リーダー(1位):フルライン戦略 チャレンジャー(2位):リーダーとの差別化を狙う ニッチャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しぐさに隠れた大人の本音

読むと人間不信になれる本。 中には本当?って疑いたくなる内容も書かれていますが、 信じる信じないはアナタ次第。 ・自己親密行動:不安な時、自分の体に触れる ・シンクロニシティ効果:相手の動作をまねる。好意の表れ ・口の周りを触りながら話すのは自信が無い証拠 ・後ろめたい事がある時、手を後頭部にあてる ・名刺を先に出す人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬で人を操る心理法則

営業に役立つ交渉テクニック集。 「YES」を言わせる様々なテクニックが書かれています。 ・低い声程、信頼感が増す ・ポジティブな言葉よりネガティブな言葉の方が印象に残る  (ポジ:甘い物を減らすと痩せる  ネガ:甘い物食べると太る) ・笑わせると理性的な判断が狂いやすい ・人の記憶は不確か。何度も嘘の記憶を吹き込むとそれ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

夢をかなえるゾウ

有名な自己啓発本ですね。 ヒンズー教の教えだったかな。 をれを一つ一つ実行していく物語。 心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる 私は拒絶反応を起こしましたが、 結構売れていて、中身もイイ事が書かれています。 夢をかなえるゾウ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

セックスしたがる男、愛を求める女

恋愛を脳科学の面から分析した本。 恋をした時に分泌される脳内物質と 行動の関係について書かれています。 ・女性と話をするだけで男はテストステロン濃度が30%高くなる ・オキシトシンが分泌されると抱きしめられたくなる ・男女共に性的に興奮するとオキシトシンが大量に分泌される ・勃起するとオキシトシン濃度が急激に下がる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで

なぜAKBは売れているのか? アイドルの歴史と売れた理由について考察されている本。 職場で周囲から期待されたい人にオススメ。 ・未熟である子供が成長していく過程がイイ。頑張っている人を応援したくなる。 ・完成した瞬間からアイドルではなくなる ・AKBはファン自信がアイドルを育てることができるシステムになっている ・だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳科学より心理学

心理学ってどういった学問?っていう視点で書かれた本。 テクニックが書かれているのではなく、 心理学がなぜ大切なのかが紹介されています。 ・脳はハード。心理はソフト ・賢い人:スキーマを脱却出来る人(概念を取り払う事ができる) ■スキーマの特徴  ・一致情報への選択的注意(A型は几帳面に見える)  ・不一致情報の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法

ビジネスは戦いです。 戦いの場では多くの情報を掴んでいる人が勝ちます。 その情報を掴むための実践テクニックが書かれています。 ・空腹感は人間関係をダメにする ・言葉を交えるということはココロを交えること ・3回も会うとその人にイメージは固定されて変えるのは難しい ・命令はしない。質問を通じて自発的に動かせる(2階に運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法

人は一日に何回謝っているんだろう? そう考えると謝罪って重要な技術だと思います。 記載されている技術の内、1割は「お!使えそう」ってなる事が書かれてます。 ・お詫びは何度もすること。量より数が有効 ・物 = 誠意 ・表情豊か = 魅力的 ・怒っている相手は鏡で自分を見ると冷静になる ・相手にとって頭の上がらない人の名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人たらし」のブラック交渉術―思わずYESと言ってしまう魔法の話術

要点がまとまっていて読みやすい本でした。 あまりに読みやすくて立ち読みでも十分に頭に入りそう。 ・人の不満は時間が経つと大きくなる ・相手に投げやりな態度が見えたら引いてみる ・プライドが高い人ほど、心理的リアクタンスを感じやすい ・1回目のNOは無意識に言ってるだけの時がある。とりあえずもう一回挑戦すること ・誘導法 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

面白くてよくわかる!恋愛心理学―心に隠された「恋愛の法則」が見えてくる大人の教科書

人と仲良くなるためのテクニックがかかれた本。 様々な心理テクニックが恋愛用にアレンジされて記載されています。 ・自己肯定要求 : 自分を認めてくれた人を好きになる ・認知的不協和理論の解消 : 相手のお願いを聞いてあげる → 力を貸してあげるということは相手が好きなんだと思い込む ・好意の返報性 : 好きになってくれた人を好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

服従の心理

かの有名なミルグラム実験について書かれた本。 「先生」と「電気を流す人」と「電気を流される人(演技)」に担当を分け、 「電気を流す人」が「先生」に服従してどこまで電圧を上げるするのかが書かれています。 ・「電気を流す人」と「電気を流される人」が身近になるにつれ、服従しなくなる ・「電気を流す人」は自分が受けてもいいと思う電圧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more