テーマ:仕事術

失敗学のすすめ

同じ失敗を何度も繰り返してしまう。 その失敗の反省点をどのように仕組み化すればいいのか? この本にはそれが書かれていました。 ・必要な失敗:未知の体験、無知による失敗 ・失敗情報は時間とともに減衰する ・失敗情報は隠れたがる ・失敗情報は多数の要因が絡むことが多いのに、原因が一つに絞りこまれ易い ・責任の擦り付けにより…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

戦略を考える上で情報は必要不可欠です。 もし情報が足りない場合、仮説を立てて情報を補う必要があります。 その手法が書かれた本です。 ■フェルミ推定 仮説の展開(例:日本国内の電柱の数は?) ↓ モデル分解(例:市街地と郊外の面積あたりの電柱の数を推測) ↓ 計算(例:日本の面積から電柱の数を計算) ↓ 仮説の実証…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思考の整理学

アイデア創出本です。 実践的な手法が書かれているのではなく たとえ話を用いて知恵についての概念を語っています。 ・寝させる事でアイデアが成熟 ・新しい事を考えるのに全て自分の頭から絞り出せると思わない ・新しいモノは既存のモノの組み合わせ ・セレンディピティ:探しモノ以外のモノが見つかる事 ・発想はセレンディピティが大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

職場スイッチ―ひとりでもできる会社の空気の入れ換え方

以外と心理学的な要素が盛りだくさんな本です。 また、心を動かされるストーリーが何点か書かれています。 不覚にも涙がでました。 ・ミラーニューロンの働きにより、自分の気分は周囲に伝染る ・人の行動は「プラスの追求」と「マイナスの回避」に別れる ・みんな、気づいていほしいという要求を持っている ・小さな手間が相手に大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファストアイデア25 「 発想スイッチ 」 で脳を切りかえる

アイデアを創出するための習慣を身につけるための本です。 この本に書かれている事を実践するには結構時間が必要かも。 ・情報量 = アイデアの種の量 ・どうして?と考えるクセをつける ・右脳と左脳を使い分ける方法をあみだす 私は右脳と左脳を使い分けるために両利きになろうとしています。 まだ文字は書けませんが箸を持てるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55

問題解決の手法に焦点を絞っています。 理系のためのアイデア創出本です。 発想に関する本を読んだ事の無い人のためのスターターって感じでした。 ・何か要素を足してみる ・何か要素を引いてみる ・5W2Hで要素の差別化 ・リラックスできる場所で考えること ・ファンクショナルアプローチ:機能・効用・意図・用途に分割して考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

経営者のための本って感じでした。 この本に書かれている内容を実務に落とし込むのは難しそう。 PEST分析:マクロ外部環境を政治・経済・社会・技術に分けて分析 MECE:漏れなくダブりなく分析 ■コトラーの競争地位分析 リーダー(1位):フルライン戦略 チャレンジャー(2位):リーダーとの差別化を狙う ニッチャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more