「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法

ビジネスは戦いです。 戦いの場では多くの情報を掴んでいる人が勝ちます。 その情報を掴むための実践テクニックが書かれています。 ・空腹感は人間関係をダメにする ・言葉を交えるということはココロを交えること ・3回も会うとその人にイメージは固定されて変えるのは難しい ・命令はしない。質問を通じて自発的に動かせる(2階に運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法

人は一日に何回謝っているんだろう? そう考えると謝罪って重要な技術だと思います。 記載されている技術の内、1割は「お!使えそう」ってなる事が書かれてます。 ・お詫びは何度もすること。量より数が有効 ・物 = 誠意 ・表情豊か = 魅力的 ・怒っている相手は鏡で自分を見ると冷静になる ・相手にとって頭の上がらない人の名前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人たらし」のブラック交渉術―思わずYESと言ってしまう魔法の話術

要点がまとまっていて読みやすい本でした。 あまりに読みやすくて立ち読みでも十分に頭に入りそう。 ・人の不満は時間が経つと大きくなる ・相手に投げやりな態度が見えたら引いてみる ・プライドが高い人ほど、心理的リアクタンスを感じやすい ・1回目のNOは無意識に言ってるだけの時がある。とりあえずもう一回挑戦すること ・誘導法 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

面白くてよくわかる!恋愛心理学―心に隠された「恋愛の法則」が見えてくる大人の教科書

人と仲良くなるためのテクニックがかかれた本。 様々な心理テクニックが恋愛用にアレンジされて記載されています。 ・自己肯定要求 : 自分を認めてくれた人を好きになる ・認知的不協和理論の解消 : 相手のお願いを聞いてあげる → 力を貸してあげるということは相手が好きなんだと思い込む ・好意の返報性 : 好きになってくれた人を好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

服従の心理

かの有名なミルグラム実験について書かれた本。 「先生」と「電気を流す人」と「電気を流される人(演技)」に担当を分け、 「電気を流す人」が「先生」に服従してどこまで電圧を上げるするのかが書かれています。 ・「電気を流す人」と「電気を流される人」が身近になるにつれ、服従しなくなる ・「電気を流す人」は自分が受けてもいいと思う電圧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

哲学的な何か、あと科学とか

哲学って何?ココロって何?量子力学って何?っていう人にオススメ。 世の中って不思議がいっぱいと思えるようになります。 読みやすくて非常にイイ本でした。 ・数学にも矛盾がある ・相対性理論やシュレディンガーの猫について、中学生でも理解できるように説明されてる ・帰納主義の問題点はブラックスワンが認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか

糖尿病などの遺伝病がなぜ遺伝子に組み込まれているのか? その疑問を実例を交えて説明しています。 素人でも進化の仕組みが理解できる非常に読みやすい本。オススメです。 ・ウイルスの攻撃力はウイルスの伝達手段によって異なる ・自分のRNAを人のDNAに転写できるウイルスがいる ・ストレスを受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more