革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55

問題解決の手法に焦点を絞っています。
理系のためのアイデア創出本です。
発想に関する本を読んだ事の無い人のためのスターターって感じでした。


・何か要素を足してみる
・何か要素を引いてみる
・5W2Hで要素の差別化
・リラックスできる場所で考えること
・ファンクショナルアプローチ:機能・効用・意図・用途に分割して考える
・ダイレクトアナロジー:直接似たモノからヒントを得る
・パーソナルアナロジー:自分が対象要素になりきって考える
・シンボリックアナロジー:メルヘンな視点から考える
・ファンタジーアナロジー:連想ゲームのようにアイデアを繋げていく

■アイデア創出プロセス【ヤングの5段階】
 ・情報収集
 ・情報の理解・統合
 ・あたため(ぼーっと考える)
 ・アイデアの具体化・検証


問題にぶち当たった時、回避するにせよ打開するにせよ、
何かしらのアプローチが必要ですよね。
私は人に甘えて、考えてもらっています。ダメですね(汗



革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55
ソフトバンククリエイティブ
永田 豊志

Amazonアソシエイト by 革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック