知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

経営者のための本って感じでした。
この本に書かれている内容を実務に落とし込むのは難しそう。


PEST分析:マクロ外部環境を政治・経済・社会・技術に分けて分析
MECE:漏れなくダブりなく分析

■コトラーの競争地位分析
リーダー(1位):フルライン戦略
チャレンジャー(2位):リーダーとの差別化を狙う
ニッチャー(3位):スキマ市場を狙う
フォロワー(4位):リーダーの真似、取りこぼしを狙う

■非顧客の3分類
・出来れば買いたく無い人
・もう2度と買いたくない人
・その業界の製品も代替品も買わない人

■マーケティングプロセス
環境分析 → セグメンテーション → ターゲティング → ポジショニング → マーケティングミックス

■ハインリヒの法則
1個の重大事故が発生した時、29個のクレームと300個の不満が隠れてる


この本で私が学べたことはフレームワークではなく、市場の見方でした。
早く戦略に携われるようになって、これが使える人になりたいですね。



知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100
ソフトバンククリエイティブ
永田 豊志

Amazonアソシエイト by 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック